スポンサーリンク

カオサン通り付近で絶品マンゴーを地元価格で買える隠れスポット

カオニャオ・マムアンも頼んでみた バンコク
カオニャオ・マムアンも頼んでみた
スポンサーリンク

タイに来たなら,やはりフルーツを堪能したいところです。

日本では見たことのないバラエティーに富むフルーツもたくさん売っています。

タイに来たならフルーツを堪能するべき

タイに来たならフルーツを堪能するべき

 

タイであらゆるフルーツを食べてみましたが,そのどれもが個性的で,これまで日本で食べたことのない味ばかりでした。

それでも,やはりレベルが違ったのは,マンゴーです。日本人にも馴染みがありつつ,しかも日本で買うとかなり値段も高く,高級フルーツといったカテゴリになるマンゴー。

日本でマンゴーを買うと,1kgあたり2000円はするのではないでしょうか。

沖縄県産フルーツ 濃厚完熟アップルマンゴー訳あり家庭用2kg
沖縄県産フルーツ 濃厚完熟アップルマンゴー訳あり家庭用2kgがマンゴーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

スポンサーリンク

マンゴータンゴなどの有名店は高い

日本人もよく訪れるであろうマンゴ―タンゴですが,よく整っており,安心して楽しめる観光スポットとしては優良店だと思います。

1000円程度でマンゴーを楽しむことができますが,せっかくタイに来たなら,もっと地元価格で,飽きるまでマンゴーを食べたいという気持ちも湧いてきます。

 

「メーワーリー」も有名店だが場所が遠いことも

トンロー駅前にある「メーワーリー」も観光ガイドで紹介されるような有名店です。

地元価格でマンゴーを買うことが出来ますし,もち米とセットになったカオニャオ・マムアンも楽しむことができます。

 

カオサン通り周辺でマンゴーを買いたい

今回は,多くの旅行客も訪れるカオサン通り周辺で,なおかつ地元価格でマンゴーを堪能できる店がないか調べていたところ,おすすめの店を発見しました。

それが,マンゴー専門店「ゴーパニット」です。

 

カオサン通りから歩いて10分ほどですが,観光客はほとんどおらず,地元の人たちが買いに来るような小さい商店です。振り返ってみると,ここで食べたマンゴーが一番美味しかったと思います。

しかも,1kgあたり100バーツ(330円)です。1kgというと,小さめのマンゴーで5個,中ぐらいで4個です。

マンゴーが熟するスピードは結構早いので,今日食べるのか,明日食べるのかで,選ぶべきマンゴーが変わってきます。

店員として店先に座っているおばあさんに声をかけて,どのマンゴーが食べごろか聞いてみましょう。「Today? Tomorrow?」ぐらいの英語で言いたいことは伝わると思います。

一晩でマンゴー2つはペロっと食べられますので,もうちょっと買っておけば良かったと後悔しないように,多めに買っておくと良いと思います。

 

マンゴー専門店ゴーパニットへの行き方

GRAB Taxiなどを使っても良いですが,カオサン通りにいるなら十分歩ける距離です。

ツアー終了後にカオサン通りで降車するとこの辺り

ツアー終了後にカオサン通りで降車するとこの辺り

 

歩いて「14th October Memorial」という記念碑の方に歩いていきます。民主化のために戦った学生を追悼する記念碑だそうです。

14th October Memorialの方に歩いていく

14th October Memorialの方に歩いていく

 

マンゴー食べたい」という一心で,歩道をひたすら歩きます。

マンゴーを食べたい気持ちを募らせながら狭い歩道を歩いていく

マンゴーを食べたい気持ちを募らせながら狭い歩道を歩いていく

 

道中には別の小さな店も並んでいますが,「ゴーパニットのマンゴー」と唱えながら修行僧のように歩いていきます。

途中には別のマンゴー屋さんもありますが,ゴーパニットゴーパニットと唱えながらスルーします

途中には別のマンゴー屋さんもありますが,ゴーパニットゴーパニットと唱えながらスルーします

 

仏具店が見えたらゴールです。そのひとつ隣が目的地のマンゴー屋さんです。

仏具店が見えたらゴール。その隣がマンゴー屋さんです。

仏具店が見えたらゴール。その隣がマンゴー屋さんです。

 

店先には,おばあちゃんが座っていますので,どれが食べごろのマンゴーなのか聞いてみましょう。親切に教えてくれますよ。

マンゴー店の店先に座っているおばあちゃん

マンゴー店の店先に座っているおばあちゃん

 

今回は,生のマンゴーだけでなく,もち米とセットになったカオニャオ・マムアンも一つ頼んでみました。すると店の中で座って待つように案内されます。奥でマンゴーをカットしているのが分かります。

カオニャオ・マムアンを頼むと店内で待つように案内される

カオニャオ・マムアンを頼むと店内で待つように案内される

 

こんな感じのパックに,マンゴーともち米,そして振りかけるココナッツミルクなどが入っています。シェアすることは基本的にできないですが,人数分買うほどのものでもないので,マンゴーの味を確認する意味で1つだけ買って,店の外でシェアしたらよいと思います。

カオニャオ・マムアンも頼んでみた

カオニャオ・マムアンも頼んでみた

 

ホテルの部屋にはナイフやフォークがないので買っておこう

忘れがちなのは,ホテルの部屋にはマンゴーをカットするためのナイフやフォークが備わっていない場合が多いということです。

途中でスーパーマーケットなどに寄る機会があれば,その時にナイフなども買っておくと安心です。スーツケースに入れれば日本に持ち帰ることも出来ますので,無駄にはならないと思います。

 

以上,カオサン通り付近でマンゴーを地元価格で買える隠れスポットのご紹介でした。

ご質問があれば,コメント欄からどうぞ。

コメント